保険相談を無料でできる保険ショップ

まず一般の保険会社との違いで、共済制度を検証してみましょう。一番大きな違いとしては、共済は相互扶助が目的で、生命保険会社は利益追求が目的であるという点が挙げられるでしょう。

目的が違えば、そこに到達するまでの過程が違ってくるのは必然です。従来の保険会社は、都会の一等地に大きなピルを持ち、不特定多数の人々を対象とし、一定の販売資格を持った外務員を登録して、利益追求のために保険商品を販売しています。従来のこの方式ですと、私たちの保険料には、保険会社の家賃、外務員の人件費、CM ・キャンベーン費用、保険会社の利益分、さらにはこげついた不良債権の返済などなどが計上されることになります。

つまり現在のような保険会社の経営体質であれば、契約者であるあなたが、保険会社の急場を救っているような状態だといってよいでしょう。ではここで具体的に従来の保険会社と、MLMを取り入れているE共済会について比較をして検討してみましょう。

まず「危険準備金jという純保険料の部分は保障に備えるものなので、両者とも同じです。異なるのは、運営経費の部分です。従来の保険会社や通常の共済会では、運営経費の占める割合が多くなっています。これは、多くの拠点(ビルや設備など)の管理費や、社員、従業員の給料や管理費、そのほか運営に関する諸経費が必要だからです。

しかし、共済の場合は、運営経費がかなり少なくなっています。これはMLM方式によるマーケテイングのために、従来の保険会杜や共済会が経費として使っていた部分が大幅に削除されるからです。したがってE共済では、掛金が今までの保険料の約半数になるという大きなメリットになっています。

ここで紹介したのは共済のほんの一例ですが、同じ共済の中でも、とくにMLMを取り入れた共済の場合は、このようなメリットがあることも忘れてはなりません。ただしMLMを取り入れた共済の中にも、週刊誌を賑わすような危ない共済はありますので、一概にょいというわけではなく、必ず見極めることが大切なのです。

見極め方については、このあとの86ページを参考にしてください。また、運用の面でも、共済の場合、掛け捨てであれば、長くても10年で収支決算がつきますが、保険会社では、このような具合にはいきません。

ほとんどの場合、10年-20年以上であり、養老保険や終身保険など長い期間を要する保険を販売したいのです。掛け捨てのみの共済では、運用の必要もなく、運用の失敗などで会社の経営状態が傾くことは原則的にありません。これらの違いは、当然掛金や保障額の面に反映されることになります。

「家計」にやさしく、「保障」の安全性の面からも、私は「共済」に注目しています。さて、ここで重要なキーワードを2つ検証しておきたいのです。それは「無認可」と「マルチJ。両方ともなにやら怪しげな雰囲気をかもす言葉ですが、これらは将来の生命保険にとって非常に重要な役割を果たしていくだろうと私は考えていますので、内実を知っていただくためにも、私の調査の一端を解説しておきましょう。

生命保険相談